2025年度 入試説明会を開催しました|2024年6月7日

例年6月に、川崎学園では、川崎医療福祉大学・川崎医療短期大学・川崎リハビリテーション学院の3校合同入試説明会を開催しています。
この入試説明会は、岡山県を含む近県の高等学校や予備校の先生が対象です。
進路指導を行う先生方に、川崎学園の各学科及び入試制度を深く知ってもらい、受験生に川崎学園の良さを伝えてもらうことを趣旨としています。

まず、全体会で川崎学園アドミッションセンターから、来年度入学に関わる「入試制度や入試区分・日程、学力テスト、そして面接」について、説明が行われました。
その後は3校合計21学科がポスターセッション形式で、それぞれ学科の特徴について説明をおこない、高校や予備校の先生からのご質問もお受けいたしました。

診療放射線技術学科では、高校の先生より「文系学生が勉強についていけるのか」や「在学生の男性・女性の比率」、「進級の関門について」などの質問がありました。(これらの質問に対する回答はオリジナルHPのFAQのページに記載しております。)
興味を持って、ご質問いただきありがとうございました。

6月16日(日)のオープンキャンパスでは、今度は受験生が上記のような疑問を含め、勉学・就職・入試等に関する「学科教員の進路相談」や、学内の雰囲気を知るための「在学生による懇談」を準備しています。
たくさんの受験生の皆様のご来場を心よりお待ちしております。

1
説明会に使用したポスター

大学院生が日本放射線技術学会総会学術大会「CyPos賞 銅賞」受賞|2024年4月18日

2024年4月11日から14日まで、パシフィコ横浜で開催された第80回日本放射線技術学会総会学術大会において、大学院医療技術学研究科医療技術学専攻診療放射線技術学研究コース修士課程2年の西原新之輔さんが「CyPos賞 銅賞」を受賞しました。
この賞は、一般研究発表346演題の中から12演題に与えられたものです。

研究テーマは、「Evaluation of the dose distribution on the surgeon's face including the lens using radiochromic film(ラジオクロミックフィルムを使用した水晶体を含む術者顔面の線量分布の測定)」です。
この研究では、放射線防護メガネの内部の線量分布をラジオクロミックフィルムというフィルム型の線量計を用いて評価しています。

この新しい評価方法は、被ばくに対する新たなアプローチを提供する可能性が認められ,その成果が受賞につながりました。


1
学会会場で記念撮影


2
受賞の様子

3


在学生から受験生へのメッセージ動画を作成中!|2024年4月3日

川崎医療福祉大学では毎年「頑張るあなたにメッセージ」と題して、在学生から受験生の皆さんへメッセージを送る動画を作成しています。

診療放射線技術学科においてはシナリオの作成や撮影場所の選定、リハーサルなどを実施して動画撮影に臨みました。

NT
動画撮影風景

現在は撮影した動画をもとに編集中です。

公開は5月を予定しています。是非ご覧ください!